探仏記Ⅲ ~気まぐれ仏像探訪~

気が向いたら出かけてみようか・・・

秘仏

『松島瑞巌寺と伊達政宗』@三井記念美術館

NHK放送博物館というところでハイビジョンのコンテンツ放映をやっており、今回は三十三間堂が8Kスーパーハイビジョンで見れるという事で行ってきた。だいぶ早く到着してしまったので、まずはこちらから・・・・


三井記念美術館 松島瑞巌寺と伊達政宗
みついきねんびじゅつかん入館日:2016/10/2
所在地: 東京都中央区日本橋入館料:1300円

33年に一度(最近、このフレーズ良く聞くけど・・・・)しか開帳されない、瑞巌寺・五大明王が拝観できる貴重な機会。これを逃すと次回は2039年になってしまう。その時はまだ何とか生きてる年齢だとは思うが、ここで見ておかないと。

1002_11002_2

パンフレットの画像を拝借。

1002_4

ゆっくり見る事ができたが、感想は仏像のみ記載。

中間の展示スペース奥に、似通った顔付きの小振りな秘仏・五大明王が横一列に並んでおり壮観。よく見るとどれも少々粗彫りで腕などに彫跡が残っている感じなのだが、中尊の不動明王だけは別格。彫りが繊細で滑らか、顔付き凛々しく体躯も堂々としており存在感が際立つ。いやー、正直秘仏とは言え地方仏なんでちょっと舐めていた部分はあったのだが、認識が甘すぎた。色彩も部分的に残っており当初の姿をイメージするには十分。恐れ入りました。

残りの4躯に関しては、若干腕が落ちる気がするが、顔付きや装身具などは不動明王と共通項があり、一具像としては見応えあり。ただ、腕がか細く少々明王像としての貫禄が足りない。左端の大威徳明王は左右合わせて6足だが、左足3足を全て牛の背に載せているのは珍しい気がする。大抵、一番手前の1足のみ載せてると思うが・・・・どの像も持物が殆ど欠失しているのかフリーハンド状態なので当初がどんなだったか色々想像してみるのも楽しいかも。。

五大明王の左手には鎌倉期の不動三尊。先ほどが「大師様の弁髪」「坐像」であるのに対して、「巻き髪」「天地眼」「立像」と対照的ないでたち。中尊の不動明王は顔がやや長いように思える。制咤迦童子は胸前の衣の結び目を逆手で握っていて表情もキリッとしてる。一方の矜羯羅童子は解説に現代にも通じるような顔といったことが書いてあったが、正にアニメの登場人物みたいな雰囲気でこれまた個性的。この三尊、なかなか良かった。

・・・・という事で、展示してあった仏像は以上なのだが、何とも内容は素晴らしいものだった。午後のイベントの前座程度に考えていたのだが、結局はこっちがメインだったわけだ。詳細は記載しないが、欄間彫刻の展示がありこちらも素晴らしいものだった。政宗直筆の絵も良かったし・・・・ただ相変わらず「書」はねぇ、よくわからなかったなぁ・・・・最後に展示されてる三日月を横にしたような政宗の兜には萌えた!


NHK放送博物館 8Kスーパーハイビジョン「千体仏の小宇宙~京都 三十三間堂~」
ほうそうはくぶつかん入館日:2016/10/2
所在地: 東京都港区入館料:無料

こちらが本来のメイン・イベント。

1002_3

イベントは2部構成。
①アーティスト TETTAさんによる講演(1時間)
②8Kコンテンツ放映「千体仏の小宇宙~京都 三十三間堂~」(30分)

①の
講演は前半がTETTAさんの作品紹介、後半が仏像の種類の紹介・・・・後半はうかつにも寝てしまったけど。TETTAさんは初めて知ったのだが、内容を伺ってたら観音メークを千人やった人という事で、Twitterでもフォローしてる方だった。仏像にまつわる作品やパフォーマンスをやっていて、雲中供養菩薩の姿に現代の服のデザインを当てはめてみたり、菩薩の恰好をして街を歩いたり、好き嫌いはあるかもしれないがとにかくわかりやすい表現だと思った。

②のコンテンツは映像はさすがにキレイ、内容も
三十三間堂の空撮や、湛慶の540号尊のフォーカス、長寛仏160号尊の下から上へパンした映像あたりは良かったかな。ただ、スタッフと思われる人がカメラで撮影をしていて、ピント合わせのたびにカメラから出る赤外線がスクリーン上に照射され色味がおかしくなったり、シャッターがカシャカシャうるさかったりひどいものだった。また、音響が所々音飛びしていてこちらも少々不快。映像を見るシアターの割には座席が階段状になっておらず、パイプ椅子を並べてあるだけなので前の座席の人の頭でスクリーン下のほうが見えなかったり・・・・まぁ、無料ですから・・・・所詮こんなもんでしょう、と割り切るしかない。無料は高くつくなぁ・・・・今後ここに来ることはまずないだろうけど。


結局、わざわざ時間をかけて何をしに行ったかよくわからなくなったが、瑞巌寺の秘仏が見れたので良かった、という事で。

『平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の…』~『国宝でよみとく神仏のすがた』

3連休の中日、小雨がパラつく中 東博へ。甲賀のイベントみたいなのをやってて、ゆるキャラもいたけどスルー・・・・

0918_0010918_002



東京国立博物館 平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち
とうきょうこくりつはくぶつかん入館日:2016/9/18
所在地: 東京都台東区入館料:(年間パスポート)

正面階段右手より展示会場へ・・・・・室内は混雑していたが、拝観しづらいという事はなく、どこかしら人がいない空間があって、そこを選びながらそれなりにマイペースで拝観できた。40分ほどして退室しようとした時には人が増えたなと思ってたのだが、やはり入口が入場制限されてて10名ほど待ちになっていた。

0918_0031

中央の本尊を沢山の仏像が取り囲む配置。全ての仏像が重要文化財指定されてる。

0918_toku
一躯ずつ見ていくと、腕や体躯の一部を欠失している像が多い。やはり目を引くのは丈六仏である本尊の①十一面観音と、その裏手のこちらも丈六の⑨薬師如来。本尊は画像で見ると何とも優しそうな顔つきをされてるが、実際に見上げて拝観すると少々厳しめに感じた。頭上の十一面は個々の面貌がパネルで確認できる。薬師如来のほうは顔がやや上向き加減。

0918_003

細身で目が吊り上がってるのが「甲賀様式」というらしい。気になった仏像は・・・・

毘沙門天: ズングリ体型で、顔を宝塔の方に向けてるからか兜がズレて見える。
⑤⑥観音菩薩: 天衣が「W字」になってると解説にある・・・・よく見るとなるほど!
十一面観音: 頭上面は欠失しててパッと見は聖観音。過去に2回拝観してた事が判明・・・・
⑫⑬観音菩薩: とにかく細身。腕も欠失してるから尚更。
地蔵菩薩: 金色に輝く。目が鋭い。こちらもどこかでお見けしたような・・・・
⑱⑲⑳地蔵菩薩/吉祥天: 衣文線がほとんどない・・・・

素朴な感じの仏像が多かったが、甲賀様式など地域色が感じられて興味深い。何と言っても本尊が大迫力!機会があればもう一度来てみよう。本尊は33年に一度開帳されるらしいが、次は2018年(平成30年)の秋との事・・・・割とすぐだね。


東京国立博物館 総合文化展

続いていつもの11室。こちらもほぼ重文の仏像で、十一面観音が多かった。

<クリックで拡大>
0918_tohaku
ほとんどが撮影不可だったので、浄瑠璃寺・地蔵菩薩と、3室に展示されてた願生寺・阿弥陀如来のみ撮影してきた。

0918_004

展示されてた仏像はほとんどが何度か拝観したことがあるが、秋篠寺・十一面観音の凝った衣文の襞は改めて凄いと感じた。また子嶋寺・十一面観音も堂々たる体躯だがこちらの衣文線も襞が丸まっていたりして凝ってる。櫟野寺仏拝観の後で、新鮮に映ったかもしれない。康円作の愛染明王も勿論良かったが、個人蔵の三尺阿弥陀がなかなかの秀作(先日の鎌倉国宝館で拝観した截金の素晴らしい三尺阿弥陀も個人蔵だった)。個人で所有してる仏像にも実はまだまだ凄いのがありそうだ。


続いて電車で1時間ほど移動して金沢文庫へ。1ヶ月前には休館日に行ってしまったが、今日は開館中と確認済み。



金沢文庫 国宝でよみとく神仏のすがた 新国宝指定 称名寺聖教・金沢文庫文書から
かなざわぶんこ入館日:2016/9/18
所在地: 神奈川県横浜市金沢区入館料:250円

「国宝で・・・・」というタイトルの展示会だった事・・・・これを書きながら知った・・・・一体何を見てきたの?という感じ。

0918_006

14時過ぎに入館したところ、ガイドによる解説が始まっていて、多くの人がそちらに集まっていた。そちらを横目に、上階の展示スペースへ行くと3~4人しかいなかったので、かなり悠々と拝観できた。

<クリックで拡大>
0918_bunko

展示されてたのはほとんどが個人蔵の仏像。やはりパンフでメインにもなっている弥勒菩薩が秀逸。

<パンフレットより>

0918_00610918_0062

弥勒菩薩興福寺子院伝来のようで、肥後定慶の作風に近いと解説にあった。確かに丸顔の雰囲気や、くどいくらいの衣文表現が大報恩寺・六観音を彷彿とさせる。後半の天王像は、兵庫歴史博物館蔵の多聞天と一具であったらしく、持国天だと考えられる。最後の迦陵頻伽像(かりょうびんが)は、鎌倉・覚園寺の薬師三尊のうち、日光菩薩光背にあったものではないか、との事。その他に逆手の如来像などもあり、思ったより仏像展示が多く楽しめた。

櫟野寺の本尊は33年に一度の開帳だが、個人蔵の仏像はこれを最後に二度と拝観できないかもしれない。そう考えると仏像拝観も縁あっての事だなと感じる次第。



称名寺 
しょうみょうじ宗派: 真言律宗別格本山拝観日:2016/9/18
所在地: 神奈川県横浜市金沢区山号: 金沢山拝観料:-

いつも通り称名寺の境内を通って帰路へ。曇天で今にも雨が降りだしそうなので仁王像に挨拶をして足早に駅へと向かった。

0918_005


〔注〕 記載情報(宗派・山号・拝観料・文化財指定・仏像配置・名称など)は個人調べなので間違っていてもあしからず  

仏旅(2日目): 京都後編 大報恩寺~三十三間堂~京博

午後の部の拝観開始。まずは前日に思い立って拝観予定に組み入れた大報恩寺。

大報恩寺 (千本釈迦堂) 
だいほうおんじ (せんぼんしゃかどう)宗派: 真言宗智山派拝観日:2016/8/14
所在地: 京都府京都市上京区山号: 瑞応山拝観料:600円

毎年お盆の時期には精霊をお迎えする六道まいりが行われている。この期間、本堂の秘仏本尊が開扉されるとの情報を見てやってきた。

b001

本尊は行快・作の釈迦如来、実仏はまだお会いしたことが無い。本堂に入ると正面厨子の扉が開いている。はやる気持ちを抑えながら、お祈りして顔を上げると・・・・・堂内暗く、蝋燭の灯が衣部分を照らすのみでお顔はよく見えない。そんな筈はない、と眼鏡をかけたり単眼鏡で見たり色々試みるもやっぱりよく見えない。取りあえず諦めてその場でじっと釈迦如来と対峙・・・・しばらくすると暗さに目が慣れてきたこともあり、釈迦如来の顔が薄っすら浮かびあがり、あの鋭い目付きだけは何となく感じることができた。石山寺・多宝塔の快慶仏の時と同様、見えづらかったが良しとする。

続いて霊宝殿。
六観音のうち如意輪観音はローマで開催中の日本仏像展に出張中でご不在。

<クリックで拡大>
kyoto008



肥後別当定慶・作の六観音のうち千手観音は、湛慶・作の千体千手観音に雰囲気が何となく似てる。快慶・作の十大弟子のうち阿那律像は落ち着いた佇まいを見せ、表情が同じ快慶・作の地蔵菩薩に近しいように感じたが、帰宅後に画像比較してみるとそうでもなかった。

帰りがけ、寺内の掲示板。

<クリックで拡大>
b002

酷暑の中、バス待ちは厳しい・・・・ということでやむなくタクシーで三十三間堂へ向かう。タクシーの運転手に行先を告げると「どうやって行ったらいいですかね」と聞き返され困ったが、何とか無事に到着。

妙法院 蓮華王院 三十三間堂 
みょうほういん れんげおういん さんじゅうさんげんどう宗派: 天台宗拝観日:2016/8/14
所在地: 京都府京都市東山区山号: 南叡山拝観料:600円

この所、京都に来たら必ず訪問するのだが、堂入口付近の売店・靴箱付近が改修中で、靴をビニール袋に入れて持って歩かなければならない。これが意外とストレス。

b003

本来はハンズフリーでメモを取りながら千体千手観音の最前列の100躯(正確には96躯)を何周か見て回るのが恒例だが、今回は1周で出てきてしまった。自作の千体千手観音一覧860号尊 ⇔ 870号尊 が逆である事が確認できた。修正しておかないと・・・・

<クリックで拡大>
kyoto009


京都国立博物館 名品ギャラリー/特集陳列 丹後の仏教美術
きょうとこくりつはくぶつかん入館日:2016/8/14
所在地: 京都府京都市東山区入館料:(年間パスポート)

いよいよクライマックスは京博・・・・・となるはずだったが既に6ヶ寺を巡ってる事もあり体力が限界、腰痛もしてきた。

b004

館内に入った途端、土砂降りの雨。三十三間堂をぐるぐる周っていたらきっとこの雨に打たれていた筈・・・・早々に移動してきて良かった。

kyoto001
一番楽しみにしていたのは、湛慶・作の千手観音30号尊!ついに拝観が叶った。奈良博と同様に間近で見れるのも嬉しい。単眼鏡でお顔を見せて頂くと、かなりの傷があり痛々しい・・・・9躯の湛慶仏の中で一番厳しい表情。これで三十三間堂・千体千手観音の最前列100躯は全て拝観でき、感無量・・・・とは言え、全部覚えてるわけではないけど。

阿弥陀如来(浄土宗): 行快・作とみられる三尺阿弥陀。目付きが吊り目気味なところは正に行快仏
善導大師: 当初は口から阿弥陀仏が出てきていた痕跡がある、というところが面白い
不動明王: こちらも行快・作。いつか奈良博にある降三世明王と並んでるところを見たい

特別陳列「丹後の仏教美術」
千手観音
(縁城寺): 頭上が十一面でなく宝冠を被るところが珍しい。これが一木造りというのも凄い
阿弥陀如来(縁城寺): 小さい仏像だが慶派っぽい
如来金剛心院: 何ともゴツく厳しい顔付きで超・個性的
地蔵菩薩金剛心院): 康円・作の地蔵菩薩(ケルン東洋美術館蔵)と類似性ありで興味深い(※)

宮津市文化財HPに詳細記述あり

金剛心院は忍性が創建に関わっているようで、忍性の活動範囲の広さがうかがえる。


閉館時刻少し前に退館し、満員バスに揺られながら京都駅に戻る・・・・ここで今回の仏旅は終了。この日は7ヶ所を巡ったが、正直なところ詰め込み過ぎ。正法寺と大報恩寺を追加してしまったので、他にしわ寄せがいってしまい、楽しみだった願徳寺と京博が今ひとつ消化不良になったのが残念。次回はもう少し大人の旅の楽しみ方を勉強しないと。

今回の仏旅で印象に残ったのは・・・・
★石山寺の秘仏本尊拝観
奈良博/京博で湛慶・千手観音を間近で拝観
東大寺・大仏殿の夜間拝観

ちょっと残念だったのは・・・・
▲快慶・大日、行快・釈迦は暗くてよくわからず
▲願徳寺 滞在5分でじっくり見れず(自分が悪い)
▲圓福院/大念寺 拝観できず(お盆時期は仕方ない)


b005

さらば京都。



〔注〕 記載情報(宗派・山号・拝観料・文化財指定・仏像配置・名称など)は個人調べなので間違っていてもあしからず  

仏旅(1日目): 滋賀編 石山寺~三井寺

夏休み恒例の奈良・京都の旅。

前日に石山寺で三十三年に一度の本尊開帳があるのを知り、これは行かねばと滋賀へ向かうことに。京都駅から石山寺駅まではJR~京阪を乗り継いで30分弱、ローカルな雰囲気の京阪石山坂本線で石山寺駅に到着。駅前は多宝塔のオブジェがポツンとあるだけ。

shiga003


石山寺
いしやまでら宗派: 東寺真言宗大本山拝観日:2016/8/13
所在地: 滋賀県大津市石山寺山号: 石光山拝観料:1,200円(特別料金)

駅から炎天下の中10分程度歩いてようやく到着。

shiga004

33年に一度の本尊御開帳・・・・すごい賑わい・・・・と思いきや人はまばら。

shiga005

■本堂
 
shiga006

さっそく本堂へ。内々陣に入り本尊とご対面。(画像はHPより)

平安の丈六仏。間近で拝観なので迫力あり。指先がしなやかで繊細、宝冠がゴージャス。六臂形ではなく二臂の如意輪観音平安仏らしい穏やかな顔立ち。想像以上に素晴らしい。本尊裏手には胎内仏の展示もあり。本尊や脇侍は元々は塑像だったようで、堂内右手の金剛蔵王心木は創建像の名残と見られる。

<クリックで拡大>
shiga001
他にも様々仏像があったが、右手にある
薬師如来は「初公開」とある。斜めから逆光で見づらいが端正な顔立ち・・・っぽい。正面から拝観できず残念。左右には二十八部衆が並ぶが総勢32躯・・・・暗くて遠目なので
+4躯が何なのかはわからず。
■多宝塔
shiga007

続いて国宝・多宝塔。塔内には快慶・作の大日如来が鎮座、中を覗くも暗くてよく見えず。単眼鏡で見ても白毫と眼が白く浮き上がるのみ。まぁ、現地拝観できたのでいいか・・・・最も美しい多宝塔を見れて満足。

<大日如来の解説
> 

<クリックで拡大>

shiga008

豊浄殿 「石山寺と紫式部」展
 
shiga009

仏像展示は六臂形の如意輪観音大日如来、旧御前立の如意輪観音半跏像の
3躯のみ。紫式部や源氏物語の事を知っていれば楽しめる展示なのかも・・・・取りあえず先もあるので早々に退館。

石山寺を辞した後、
圓福院(快慶・作とされる釈迦如来坐像がある)に寄りたかったが、お寺さんのご都合でNG。再び京阪石山坂本線で今度は三井寺へ
 

園城寺(三井寺)
おんじょうじ(みいでら)宗派: 天台寺門宗総本山拝観日:2016/8/13
所在地: 滋賀県大津市園城寺町山号: 長等山拝観料:600円 (収蔵庫300円)

こちらも駅から徒歩約10分で到着。総門とあるが、裏門的なところから入ってしまった。

shiga010

水観寺 → 観音堂 → 微妙寺 → 文化財収蔵庫
 
shiga011

最初の水観寺では小ぶりな薬師如来・十二神将などが祀ってあった。続いて延々と階段を上り観音堂へ。本尊は秘仏・如意輪観音
で当然拝観できず(以前に「三井寺展」で拝観)。眺望良さげだが、炎天下で息切れして見る気も起らずスルー。

追記: 三井寺展の図録を参照すると、どうやら観音堂の本尊厨子脇には愛染明王が安置されているようだ。中には入らなかったので未確認だが惜しいことをした。 
 
shiga013

道を間違えながら微妙寺に到着。「十一面観音」という立札にひかれて中に入るも肝心の十一面観音は向かいの収蔵庫にあるという微妙さ。西陣織で作られた十一面観音と黄不動の掛け軸が、一瞬本物かレプリカの像がそこにあるのかと錯覚するくらいよい出来栄え。真向いにある収蔵庫は別料金・・・・主に狩野派の襖絵などがあり、仏像は重文指定の4躯のみ。前述の
十一面観音はズングリ体型、卵型の頭部が特徴的な智証大師像、直立の吉祥天、子供を抱く訶梨帝母。画像はこちらのHPから閲覧可能→文化財収蔵庫

灌頂堂/三重塔 → 一切経蔵 → 金堂

shiga015

暑くて最早どのお堂も通り過ぎるだけ・・・・重文の三重塔は良さげだったがこちらもスルー。そしてやっと金堂に到着。
shiga018

桧皮葺の屋根が美しい国宝の金堂。本尊は秘仏・弥勒菩薩でこれまた当然非公開。中は本尊を取り囲むように仏像が沢山。

<クリックで拡大>
shiga002

気になったのは・・・・
毘沙門天: 「三井寺
」で拝観した慶派の作、運慶仏の雰囲気があり良仏
尊星王: 四臂で月輪上に片足立ちしている変わったお姿。彫像としては唯一
大日如来裏手中央に座す平安仏、どこかで拝観したような既視感
善女竜王: 円空仏が7躯、真ん中に大きめの像があり、残りは端材で作ったようだ

釈迦堂/仁王門

shiga020

最後に仁王門をくぐっておしまい。本来はこちらから入るんだろうけどね・・・・・


この後は奈良へ移動・・・・・奈良編に続く。

〔注〕 記載情報(宗派・山号・拝観料・文化財指定・仏像配置・名称など)は個人調べなので間違っていてもあしからず  

伊豆探仏: 法雲寺~天神神社~長谷寺~稲田寺

親類を訪ねて1泊2日の伊豆(下田~南伊豆)の旅へ。家族が一緒だったが、ところどころ探仏を挟んで4ヶ所巡ってきた。

 法雲寺  (ほううんじ、曹洞宗) 2015/3/21 Twitterで60年に一度、2日間のみの開帳があると知り、これは寄っていかねばと家族を巻き込んで訪ねてきた。昼過ぎに到着、道路沿いの駐車場から5分ほど坂道を上ると大勢の人が集まっていた。既に法要などは終了したようで、檀家の方々(?)で堂内が賑わっていた。写真撮影も許可していただいたので1枚だけパチリと。10世紀の作の如意輪観音、頬杖をつく手が顎や横でなく前側にあるのが個性的。次は33年後(?)ということで、これが最初で最後の拝観になりそう。
002

仏像は本堂らしきところにあったが、通常は左手上にあるこちらのお堂に安置されてるのだろうか・・・・
001003



 天神神社  (てんじんじんじゃ) 2015/3/21 法雲寺より車で20分ほど移動、次に訪れたのは蓮台寺という地名のところにある神社。デカデカと看板が立っててすぐわかる。公民館脇の急な階段を上ると・・・・
101102
簡素なお堂(社殿と呼ぶべきか)が現れる。
103
左側の収蔵庫らしき建物、ガラス越しに覗くと・・・・・
104
重文の大日如来。想像以上に素晴らしい!表情が少々わかりづらいのだが、柔らかいようにもキリッとしているようにも見える。光背は新しいものみたい。元々、「蓮台寺」の本尊だったらしい。大日如来に注目していたせいか、左右の四天王が完全にノーチェックだった。

家族と一緒だったので、この日は2ヶ所のみ、短い時間だったがなかなか見応えありの内容。
翌日の帰路はひとりになるので、のんびりと探仏しながら帰るゾと意気込んでいたのだが・・・・


 長谷寺  (ちょうこくじ、曹洞宗) 2015/3/22 昼過ぎに帰路につく。少し道を外れて海沿いへ向かう細い道にある長谷寺へ。境内に入ると右手の建屋にお寺の方が見えたので拝観許可を頂き本堂へ。
201202
「長谷寺」だが十一面観音ではなく、本尊は重文・阿弥陀如来。写真は許可をもらうのは忘れて結局撮れずじまい・・・・四角いお顔、白い螺髪、粗削りな衣文、意図的なのか腕と胴の間は彫り残されている。(「伊豆 長谷寺 阿弥陀」で画像検索すれば見れるはず)
203



 稲田寺  (とうでんじ、浄土宗) 2015/3/22
下田駅の近くまで移動、奥まったところにある本堂らしき建物まで行ってみたが閉まっていたので、右手の建屋に行ってお寺の方に拝観を申し出ると、入口のほうを指して「あっちのほうね、開いてますからどうぞ」と言われた。気付かなかったが、手前側に阿弥陀堂があった。
301302
画像では見たことがあったのだが、2mはあろうかという阿弥陀如来、三尊形式。実仏は迫力満点!
303


下田あたりはこれまでもたまに来ていたのだが、これほど仏像が見れるエリアだとは思ってもみなかった。重文も2躯、丈六仏ありとなかなか見応えあり。この後は海沿いを移動しながらMOA美術館あたりでも寄っていこうと思ったが、何と14時過ぎで既に渋滞がチラホラ始まっていて、仕方なく内陸側の道に変更して脇目もふらずに移動・・・・・ということで、残念ながら今回は結局この4ヶ所のみ、ただ内容的には結構充実しててえ良かったと思う。
Twitter


アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ