探仏記Ⅲ ~気まぐれ仏像探訪~

気が向いたら出かけてみようか・・・

博物館・美術館

『運慶』展@東京国立博物館

(記載日:2017/10/1)

運慶展が始まった。Twitterのタイムラインを見てると、入場待ちの列ができるくらい盛況のようだったので、昼のど真ん中に行くのは厳しいと判断。たまたま土曜は東京方面に出かけたので夜間を狙って行ってみた。

東京国立博物館

thk (2)

18時前にすっかり暗くなった東博に到着。夜間に来るのは二度目くらいか。早速、平成館へと向かう。


平成館
興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

thk (3)thk (4)

さすがに18時前後では列はなくスムーズに入場、中に入ると入口付近や一部の展示には人だかりがあるものの、真正面でじっくり向き合える時間は取れるくらいの余裕はあった。第1会場は円成寺・大日如来からスタート。正直なところ、運慶仏はほとんど拝観しているので、入る前はそれほど期待感もなかったのだが、実際にはやっぱり来てよかった、となった(まぁ、当然だろうけど)。


thk (1)

まず1周して会場全体を把握、上記のレイアウト作成のために配置をメモしながら更に1周。そして、図録を購入して一旦退場して荷物をロッカーにしまい、総合文化展などをザッと見てから戻ってきてもう2周、という具合に見て回った。

運慶仏はほぼ拝観しているが、今回の展示はかなり至近距離で細部までじっくりと拝観する事ができる、かなり良い環境。以下、簡単な感想。

大日如来(円成寺):ライティングのおかげもあり本来の顔付が良くわかる。
四天王(興福寺、康慶作):仮講堂で遠目に見たのと異なり、間近で迫力満点。特に多門天の顔付がよい
八大童子(金剛峯寺):ガラス越しながらより近くで見れて満足。恵光童子の繊細な表情が素晴らしい
四天王(興福寺南円堂):南円堂で拝観した時より間近で迫力満点、各尊の表情、こんなだったんだと肉眼でわかるし、ブーツ現代のスニーカーのようなかっこいいデザイン。
無着・世親(興福寺):動的な仏像が多い中、ここだけ静謐で違った緊張感が漂う
聖観音(瀧山寺):初見。天衣が破損していて今にも外れそうで痛々しいが、想像より量感があるドッシリした像
多聞天(東福寺):画像で見たことはあるが、あまり気にしていなかった。ただ間近ではかなり運慶様式であり逸仏
観音・勢至菩薩(清水寺):期待していたのだが、量感のある仏像群の中、非常に線が細いという印象しか残らず
毘沙門天(雪蹊寺、湛慶作):腕が欠失しているのが惜しまれるが、運慶の毘沙門天よりも落ち着きが感じられる
十二神将(浄瑠璃寺伝来):やっと全員揃った!最後の亥神の破たんのない造形美に感動。運慶仏では、との見方もあったが、調査の結果、運慶没後の年代であると想定されるようだ。たとえ運慶でなくてもこの群像の素晴らしさには変わりがない


thk (5)

.....という事で運慶仏は完全制覇......と思ったら、まだ瀧山寺の梵天像だけ未見だった。こちらは年明けに開催される金沢文庫の「運慶展」に出展されるようなので、そこまでは運慶学園は留年。(下記画像は金沢文庫のチラシより)

DKULG5aVYAA8G8E



本館14室
特集 運慶の後継者たち―康円と善派を中心に

運慶展の合間に一旦こちらも拝観。数年前まで毎年恒例であった運慶特集、真如苑の大日如来が所蔵者へ戻ってからは運慶周辺特集のような形で細々続いている。正直なところ、毎回同じようなラインナップで見所もないのだが、逆に毎年見れることはありがたい事。

thk (7)
thk (8)


本館11室・1室・3室
総合文化展

続いて総合展もサラッと。11室の仏像群は前回と同じラインナップ(レイアウトは前回拝観時のもの)

002
thk (6)


この後、運慶展に戻って21時の閉館間際までいた。その時間になってもそれなりに人がいたので、いったい昼間はどんな状態なんだ、と考えたら恐ろしくなる。後期には浄楽寺の阿弥陀三尊や、重源像、康慶作の瑞林寺・地蔵菩薩が加わるらしいのでもう一度来館する予定。

『タイ』展@東京国立博物館

(記載日:2017/8/17)

夕刻から東京で友人と会うことになったため、その前に東博へ。さっそくタイ展開催中の平成館に向かうも、途中の資料館が開館中でフラッと立ち寄ってしまった。仏塔関連の書籍をいろいろ確認して30分くらいいたので、残り滞在できる時間が......

東京国立博物館

日タイ修好130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」

IMG_5757

以前からポスターは見ていたのだが、前知識はほぼ無し。仏像展示も多そうなので、何か感じ取れるものもあるだろうと中へ入ってみた。お盆休みで混んでるかと思いきや、一部のショーケースで人だかりがあるくらいでだいぶ余裕があった。

IMG_5758

日本の大乗仏教は釈迦の世界観を拡大していったため無数のキャラクターが生み出されバラエティに富んでいるが、タイ仏教は上座仏教で釈迦の教えがすべて。キャラクターも釈迦以外では基本的には悟りを得る前の菩薩がいるのみ。一部ヒンドゥ教の他宗キャラも交じっているが、とにかく釈迦なのだ。それらは自分が知っている日本の釈迦の姿ではなく、先端の螺髪部分を髻のように高く結い上げ、細身の体躯。お顔もアルカイックスマイル以上に微笑んでいるように見える像もあり、根本が同じ教えとはいえ、国や伝来ルートで受け止め方が大きく異なるという事がよくわかる。

....と偉そうに書いてはみたのだが、正直なところピンと来なかった。印象に残ったのは?、と自問するも今ひとつ思い出せない。日本の仏像と違って、白毫がなかったり、印相が違っていたり、衣が薄かったりというのはあるのだが、それ以上に感じる事ができなかった。時間の関係で駆け足で見て回ったのもあるのだが、最後まで鑑賞のポイントをつかめなかったのだと思う。出てから「みうらじゅん×いとうせいこう」の音声ガイドを借りて回ればよかったと後悔。出口のところで音声ガイドを返却してた人が、係の人に「ガイド面白かったですよ」と言ってたので余計にそう思う。次に行く機会があれば、ガイドを聞きながら回りたいと思う。


総合文化展

IMG_5756

時間がなくなってきたので、本館11室のみ駆け足で。ここに来るとメンバーはいつも異なるけど、気持ちが落ち着いてホッとする。

002_06

ひと通り撮影可の仏像の写真を撮って回った。

002_01002_02_1002_02

002_04002_05IMG_0762

IMG_0750IMG_0753006

〈クリックで拡大〉

002

願生寺・阿弥陀如来を様々な角度から

001_01

阿弥陀仏3躯のお顔を比較。

005003004

楽しそうなお二方。

IMG_0760

前半に展示されてた三尺阿弥陀は寄贈仏で東博所蔵となってるが、今回初めて見た気がする(過去に見てたりして....よくあるけど)。80cm級のサイズで、小さい方の三尺阿弥陀仕様。かなり状態がよく、快慶仏でいえば後期の衣文スタイルに似通っている。

IMG_0742

顔付きは快慶仏に近しい気もするが、よく見るとやっぱり違う。

001_04


駆け足拝観だったので、大した感想もなく.....今回は記録までということで。

『奈良 西大寺』展~東大寺~『源信』展

(記載日:2017/8/5)

快慶展から早二ヶ月、虚脱状態というか燃え尽き症候群というか、仏像拝観へのモチベーションが低下したまま。しばらくは仏像から距離を置いてきたが、東大寺の俊乗堂特別拝観が7月31日まで、一方で西大寺展大阪会場が7月29日よりスタートと俄然行ってみたくなった。一度に2つ見るには29~30日で行くしかない。という事で一泊二日の日程で出かけることに。

早朝の新幹線で京都に到着し、天王寺へ直行。あべのハルカスに初見参、エレベーターで16階へ。


あべのハルカス美術館
創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝


01-002

東京会場に続き、二度目の西大寺展。三井記念美術館は少々地味な雰囲気だったが、こちらは入口から色鮮やかで華やか。なぜ大阪会場にも来ようかと思ったかと言えば、東京会場で見逃した浄瑠璃寺・吉祥天と、宝山寺の制咤迦童子が出展されるため。

01-003

会場は三井記念美術館より広く開放的に感じた。この日は初日で開場したばかりの時間帯だったがまったく混んでおらず、むしろ快慶展の時ように人がまばらで若干拍子抜け。(下の画像はチケット)

130501012

結論から言うと、出展仏が半分くらい違った事もあり、東京会場より見応えがあったと思う。

〈クリックで拡大〉
01-001

興正菩薩:4軀の興正菩薩像があり、額の皺、頭部の凹み、眉の下がり具合もほぼ同じ。見比べも面白い。
文殊菩薩:3軀の文殊菩薩像が3方向に向いている展示方法がまず素晴らしい。般若寺・文殊は間近で見ると童子形ながら険しい表情、一方の大智寺・文殊は安阿弥作(=快慶・作)と伝わっており、確かに角ばった顔付きや眼の雰囲気が安部文殊院像に近しい雰囲気。法華寺像のみ獅子が来ておらず残念、こちらも騎獅子スタイルだったら更に迫力ある展示になったと思う。
釈迦如来:お堂で拝観した時より明るいこともあり、衣文線や模様がはっきりとわかる。流麗な衣文線は本当に波打ってるようで見事、実に芸術的。
吉祥天(浄瑠璃寺):まず驚くのが大きさ。堂内では厨子に入り遠め、しかも周囲が等身仏のためかなり小仏に見えるが実際は三尺阿弥陀くらいありそうでびっくり。そして色彩がかなりよく残っている事も驚き。写真でみるとポッチャリした印象だが、実にスラッとした美人さんだった。(MJが惚れるのも納得)
制咤迦童子(宝山寺):再会できたのがまず喜び。江戸期の作ながら鎌倉仏に負けず劣らずの完成度。達観した童子の眼、その姿勢と相まって何と哲学的か。作者が湛海/院達となっており、この院達なる仏師が恐らく湛海の意を汲んで造像していたものと思われる。仏師・院達、他の作も気になるところ。
大日如来(浄瑠璃寺):こちらもお会いしたかった像。秀麗な顔付き、とても理知的で腕利きの慶派仏師の作である事は一目瞭然。
不動明王二童子(浄瑠璃寺):浄瑠璃寺堂内で最も好きな三尊。特に太々しい制咤迦童子の生意気ぶりに脱帽。
一字金輪三尊:一字金輪仏頂尊という像は初めて(中尊寺像が有名?)。像容があまり思い出せないが不動・愛染の両明王を従えてどんなキャラクターなのかが気になった。
不動三尊(松林寺):江戸期の像で制咤迦童子は独特の頬杖ポーズが個性的。

全体的には浄瑠璃寺像群が際立ってよかったのと、宝山寺・制咤迦の達観した眼差しがとにかく印象的な展示会だった。東京会場の印象が本当に消えてしまうくらい、大阪会場は充実していたと思う。




続いて奈良に移動。

02

奈良に何度も来てるくせに、「ぐるっとバス」の存在を初めて知った。JR・近鉄両駅周辺の主だった場所を周回する観光客向けのバスなのだが、このバスが凄いのは若草山のほうまで上ってくれる事。手向山八幡宮の近くにも停留所があり、坂を登らずに法華堂界隈に行けるという優れもの。



東大寺    
山号-
宗派華厳宗


【不動堂】


手向山八幡宮の方から東大寺境内に入り、まずは久々に不動堂へ。お断りして堂内に入るも、とにかく暑い。暗いので目を凝らして五大明王を見ようとするが、薄っすらとわかるレベル、それよりよりも暑くて体がもたない。すぐに出て来てしまった。

03-001


【俊乗堂】

続いて、今回の目玉のひとつである俊乗堂へ。通常は年に2日ほどしか開かないため、なかなかチャンスがないが、今回は特別に7月一杯開いており、実に9年ぶりくらいに中へ入る事ができた。

03-002

中央に重源上人、向かって左手に平安期の愛染明王、右手に快慶・作の阿弥陀如来。重源像の
本当にそこに老いた僧がいるかのよう、リアルさにはいつも驚かされる。秋の運慶展での再会が楽しみ。快慶の三尺阿弥陀は快慶展でお会いしたばかりだが、お堂にいるとオーラが全然違う。お香の煙や光の具合の加減のせいか立体的に見え、もの凄く存在感を感じた。やはりこの像はここでお会いすべきなのだと確信。(下の画像はチケット)

13050101


【大湯屋】

この建物の前は何度か通っているが、入ったのは初めて。中央に大きな鉄製の湯船があったのだが、それ以外があまり思い出せない。まぁ、中がどんなになってるかわかったという事で.....


03-003


【東大寺ミュージアム】


あまりの暑さに避暑がてらミュージアムに入館。快慶展に出展されてた西大門勅額の八像も元の場所に納まっていた。かつて法華堂に安置されていた地蔵菩薩は、堂内にいた時にあまり印象になかったが、近くで見ると精悍な雰囲気だった。弁才天は大半の部分が修復されて継ぎ足されているのがよくわかる。

03-005

【南大門】

03-004

03-006


続いて、徒歩でお隣の奈良博へ。外は暑いので涼しい博物館で助かる。



奈良国立博物館
1000年忌特別展. 源信 地獄・極楽への扉

04-001

最後は奈良博で源信展。「源信」という名前は正直聞いたことがなかったが、恵心僧都は何となく....のレベル。法然や親鸞よりもずっと前に浄土信仰を広めた僧で死後の世界をイメージ化したらしい。その後継者がこれをベースに色々ビジュアル化したとの事。日本人は長い間、このイメージがのおかげで、生きてる間になるべく悪事を控え善行を施そうしてきた筈なので、そういった意味では画期的。

04-003

展示は以下の通り。出陳品一覧の会場図を拝借して仏像レイアウトを上書き。

メイン展示である六道絵(ずっと六道図って覚えてた....)を順に見ていったが、印象に残ってるのは修羅道の部分で、上方に阿修羅と帝釈天が争っている姿が描かれており、これには興奮を覚えた。

〈クリックで拡大〉
04-004

仏像はあまり多くはなかったが、前半のラストに鎮座する東大寺・閻魔王はこれまで拝観したどの閻魔王よりも迫力があり見ていて怖くなった。源信の創造した世界は確実に現代に引き継がれている.....

009

即成院の二十五菩薩のうちの3軀は間近で見る機会が少ないので貴重な機会。後期には別の3軀がお出ましになるようだ。菩薩の呼称が平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩みたいに〇〇号となっており、展示仏から推測すると以下のような番号割り振りになっていると思われる。脇侍2軀は番号がついているか定かではでない.....(注意:あくまでも個人の推測)

04-002



【なら仏像館】


05

最後は少しだけ展示替えのあった仏像館をさらっと1周。快慶・作の浄土寺・阿弥陀如来が中央室の中尊として復帰、秋篠寺・梵天が降三世明王のいる室に移動していた。快慶・作の正寿院・不動明王は姿が見えず.....お寺のほうに戻ったのかな?


06

この後、興福寺の境内を通りニ塔を見ながら宿泊地へ向かった。

『木×仏像』展@大阪市立美術館

(記載日:2017/6/3)

朝一で京都から大阪・天王寺に移動。京都は奈良も大阪も1時間以内で行けるので便利。

大阪市立美術館
木×仏像(きとぶつぞう) 飛鳥仏から円空へ
日本の木彫仏1000年

501

開館前の9時過ぎに到着、既に5~6人の列ができていた。立派な建物だが、大阪「市立」と聞いてしまうと日本〇〇の会とかに民営化されて展示の質が落ちやしないか余計な心配をしたくなる。学芸員を攻撃する変な大臣とかもいるご時世、博物館商売もやりにくい時代になってきたのかも。そんな中、こういった興行重視ではない(...のかはわからないが)展覧会が開催されるのは実に有意義。

<パンフレットより>
503

本来は館内の右半分のスペースにある第10展示室から進むのだが、開館直後でどの展示仏も人だかりがしていたので、一旦中央のロビーを横切り、反対側の左半分のスペースにある第5展示室から見ていく事に。

201b

まだ誰もいない展示室でゆっくり仏像と対峙、こういうのは結構好き。入るといきなり四天王と左右の持国・多聞天に囲まれる。四天王寺・四天王は左から広目天→持国天→増長天→多聞天と、持国・増長天が逆になっている。これは前日の講演でも説明のあった高野山金剛峯寺の大仏殿様四天王の持国・増長天像の名称がやはり逆になっている事と関連があるかもしれない。あちらは像の向きと視点により勘違いがあったかもしれないという説だったが、同じような事なのか。以下、気になった仏像をいくつか....

四天王 [四天王寺]:広目天の左手、手を裏に返した経巻の持ち方が特徴的。
十一面観音 [個人蔵]:円空仏(パンフに画像あり)。衣文の流麗な彫りが目を引く
蔵王権現 [大門寺]:トリオのうち、向かって右手の権現像は眼パッチリで躍動感がもの凄い!踊ってるよう
大元帥明王 [延命寺]:珍しい製作途中の仏像頭部。キリ点と呼ばれる彫位置のマークのような跡があちこちに
伝聖徳太子 [若山神社]:どう見ても神像、聖徳太子が神格化された、とも思えぬ


201a


続いて元の順路に戻り第10展示室へ。こちらは更に展示仏が多かった。入ってすぐ東博の菩薩像や、東大寺の「ヨッ」という感じの弥勒如来などの個性派仏。奥に進むと今回の目玉でもある西住寺・宝誌和尚。こちらも印象的なところをいくつか....

阿弥陀三尊 [四天王寺]@10室:中尊は螺髪がなく中央が盛り上がってるだけ。両脇侍は片足を挙げた珍しい姿
地蔵菩薩 [蓮花寺]@11室:今回一番凄いと思った仏像。険しい顔付きは近寄りがたいオーラを発している。戦時中に池に沈めて隠したという由縁のせいか顔・体に無数の荒々しい筋があり厳格さを際立たせるが、それが却って美しく感じられた
虚空蔵菩薩 [孝恩寺]@12室:ドッシリと目が座った感じが昔の上司を彷彿とさせ、眼を合わせる事ができず
阿弥陀如来 [大門寺]@13室:定朝様の秀作。台座が裳懸座である事から当初は釈迦如来で手を付け替えてる可能性ありとの事
阿弥陀如来 [専修寺]@13室:慶派の阿弥陀仏。蓮慶作かと解説にあったが、そもそも蓮慶とは何者?
地蔵菩薩 [春覚寺]@13室:快成作。前日の講演で八葉蓮華寺・阿弥陀像の光背が本像と共通であると説明があったばかり。仏師名に「快」が入っている快成なる人物の出自が大いに気になるところ

2時間ほどで退出。前日の快慶展で奈良博に7時間ほどいた事もあり少々疲労が残っていたため、これ以上は無理しない事に。もう一度確認したい仏像が意外と多いが記憶頼みにも限度がある。展覧会で図録を購入する事はほとんどなく、今回も購入しないで帰ってきてしまったが、少々後悔している。

「木」にこだわった展示、との事だったが正直なところ材質としての木の種類についてはそれぞれの特徴を掴むところまで見切れず。あくまでも時代ごとの作風や一木・寄木造りの違いなどのほうに興味が集中。それでも多くの木彫仏を十分に堪能できて満足度の高い展示だった。

502

あべのハルカスが見えた。もしかしたら夏休みあたり、西大寺展大阪巡回時に行くかもしれない。
600

京都駅に戻り、買い物をしていたら帰宅時間になってしまったのでこの日は他の場所には寄れず。近鉄線の電子公告には阿修羅。
わたしも、奈良派。...だけどね。

ふたたびの『快慶』展

(記載日:2017/6/6)(改題:2017/6/8)

快慶展からもう1週間以上......6月4日にはついに閉幕。あれこれ書いてみるもなかなか内容がまとまらない。印象は強く残っているのだが、細かい記憶が取り出せない。とりあえず画像と配置図だけアップしておこう。

当日の13:30に講堂で聴講した公開講座「快慶作品に関する二、三の問題」についてもまた別に記したい。


奈良国立博物館

二度目の快慶展。そしてこれが最後の快慶展。

402

各尊とできるだけ沢山向き合おうと思いながら中へ....

401

展示終了している孔雀明王を加えると全36軀の快慶仏が一堂に....まさに奇跡!


101

行ったり来たり、近くで目を凝らしたり遠くで眺めたり、じっくり3時間、心置きなく拝観 .... いやいや、本当はまだその場を離れたくなく、閉館のアナウンスに後ろ髪引かれながら退館したのだった。こんな気持ちになるのはもちろん初めて。


入場者数が10万人超えとはなったものの、これだけの展示内容にしては少なかった気がする。それが春という季節だったからか、場所が奈良だったからか、快慶のネームバリューが思ったほどなかったからなのかはわからない。しかし、関係者の皆様には申し訳ないが、それでよかったのだと思う。快慶仏を愛する人々が、快慶仏とじっくり向かい合える空間がうまれたのだ。これ以上、贅沢な展覧会はかつてなく、これからもきっとないだろう。そんな貴重な場所に二度も来れたことを素直に喜びたい。

403

これほど心に残る展覧会はかつてなかった。 この空前絶後の快慶展を実現して頂いた関係者の皆様方には感謝の言葉しかない。 各尊がそれぞれの場所に無事にお戻りになられますように....
Twitter


アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ