探仏記Ⅲ ~気まぐれ仏像探訪~

気が向いたら出かけてみようか・・・

快慶・三尺阿弥陀

運慶・大日如来はどんな顔 (2)

快慶展で三尺阿弥陀を拝観した際に、面部の金泥が剥落している像に関しては、快慶仏「らしさ」を感じられずにいた。元画像と睨めっこしても、想像力が乏しく頭の中でイメージできなかったため、画像処理を施して往時の様子を想像してみることに。

まずはこちら。運慶の大日如来と同じように模様のような剥落、これが像の個性のひとつとなっており、元の顔のイメージがしにくい。画像処理ツールで顔をベタ塗りしてみたが、表情や陰影などが失われてしまうため、金色が残っている部分の色を参考を使って剥落部分に重ねていった。また、眼部が暗く表情が捉えづらかったので白眼の部分をベタ塗りしてみた。剥落直前の状態、のような雰囲気にはなった。

hachiyou

これで見る限りは快慶らしさは何となく感じる事ができる。初期像のように眼が少々吊り上がってキリッとしているように感じる。

もう1軀、全体が剥落している像についても同様にトライしてみたのだが、あまりうまく仕上がらなかったので、こちらは顔全体をベタ塗りしてみたところ、まぁまぁ雰囲気がでてきた。イラストみたいになってしまったけど。左眼の眼玉の位置が画像が暗くてよくわからず、かなり想像で描いている。

saihoin

こちらも快慶らしさは感じる事ができる。先ほどとは異なり眼が少々優しげになっている。快慶仏後期の特色。

ポイントは「眼」。この眼力が快慶仏の個性のひとつになってると思うので、その部分をハッキリさせると顔全体のイメージがつきやすくなったような気がする。画像処理の巧い人がやったらもっとリアルに往時の姿を再現できると思うが、あまりテクがない者がやるとこのあたりが限界。


さて、お題目の「運慶の大日如来」だが、こちらの記事は以前にアップしているので今回は第2弾。

http://tetsuumadouji-2.blog.jp/archives/2053576.html

前回は金箔部分を地肌色に寄せてみたのだが、今回は逆に地肌部分を金箔に寄せてみた。金色の残った部分の色を剥落部分にのせていく、
上の一つ目の画像と同じ方式で画像処理。やはり剥落直前のような雰囲気になった。しかし、前回の画像の出来はひどい....画像処理の腕は多少は向上してるかも....剥落バージョンと、文化庁所蔵の摸刻像も追加して対比。

enjoji_

思っていたものとだいぶイメージが違った! 像容からして少々か細い印象があったが、頬も張っていてかなり量感があり、いかにも運慶仏という感じがする。今秋の運慶展には大日如来もお出ましになるので、この量感ある往時の姿を踏まえて、じっくりと対峙してみたい。


※あくまでも個人で画像を編集したものであり、何ら考証したわけでもなく、個人の想像・創作がふんだんに入っているので注意。(画像転用・転載はご容赦を)

快慶…三尺阿弥陀の貌(3)

快慶・三尺阿弥陀の貌シリーズ第3弾

〔参考〕
第1弾 
快慶…三尺阿弥陀の貌
第2弾 快慶…三尺阿弥陀の貌 (改)

....といっても画像を差し替えただけ。新ネタもなく少々マンネリ気味。

前回から異なるのは、像高に基づき相対的に画像の大きさを変えてある点。また、快慶・作としていた興善寺像を外してある。何故ならば顔付きが少々他の快慶仏と異なる(画像で見た限りだが...)のと、像高がこの像だけ90cm級で他と大きさが異なる、といったところから。

annami_1


改めて画像で比較してみると、制作年代順があっているかは相当怪しいが、「貌」の変遷がわかって興味深い。

output_300

おまけでもう一つ、快慶の高弟である行快・作の三尺阿弥陀と、快慶/行快に近い仏師の作と思われる像。
華階寺像は像高情報が見つけられず、取りあえず100cm級くらいと想定してある。

annami_2



※下記の追記を参照

上記で実際に拝観したことがあるのは、快慶仏が6躯、行快仏が1躯、その他が3躯、と少ない。その殆どが予約拝観になるので、全て拝観するのはかなり難しそう。是非ともここらで大規模な快慶展を開催してほしいものだ。


(追記) わかる範囲で文化財指定を追加。Wikipediaによると、本当かどうかわからないが、興善寺像は重文ながら古文書の附属的な扱いのようだ。確かに文化財データベースの仏像一覧には興善寺像が出てこないので不思議に思っていた。
>重要文化財: 源空、証空等自筆消息 2巻(附:木造阿弥陀如来立像1躯、漆塗筒形納骨器1箇)
>「古文書」として重要文化財に指定されており、阿弥陀如来像は重要文化財の「附」(つけたり)扱いになっている。
<Wikipediaより>

(追記2) 快慶・行快系統以外の三尺阿弥陀もいくつかピックアップして追加。
*海外の美術館蔵の2躯については
台座を含めた 増高しか記載がなかったので、像・台座のおよその比率より80cm級と想定。
藤田美術館像は取りあえず100cm級くらいと想定してある。


annami_3

 

奈良一日探仏の旅: ⑥西方院

唐招提寺から線路を渡ってすぐ。前日に電話で拝観をお願いしたのだが、お盆中ということで、かなり迷われていたようだったが最終的にはOKして頂いた。


 西方院 
 (さいほういん、律宗) 2014/8/12

約束の14:00、門に寺名などがなく半信半疑で中に入ってみた。中に入り、建物の玄関から声をかけてみるとお寺の方が出てこられて案内してくださった。まずは忙しい時期の訪問となったことをお詫びしたが、大丈夫ですよと言って頂けた。
20140812 (41)
西方院は唐招提寺の奥の院で、元々は同じ寺領にあったらしいが、近鉄開通により分断され線路向こうの別院になった経緯があるようだ。中門を潜り境内へ。
20140812 (40)
中は樹木で鬱蒼とした感じ。後について行くと収蔵庫が見えてきた。
20140812 (39)
立て看板にあるように中には阿弥陀如来(快慶作・重文)。本日快慶の阿弥陀仏は3躯目。 (画像はパンフレットより)
20140812 (3)
顔の部分以外は金箔がよく残っていた。顔は煤で黒ずんでるわけではなく箔が剥がれているとの事。この像は何度か盗難にあっていて、土に埋められた状態で発見されたりしているらしい。そういう事もあり凹凸のある顔の部分の箔が落ちたのではないかと話されていた。通常は非公開なのか尋ねたところ、特別公開などは実施しておらず、希望があれば開けているそうだ。時間にして10分ほどだったが、十分に堪能できたと思う。機会があればまた訪ねたい。


唐招提寺を横目に見て、次に向かう。時間があれば寄りたかったんだけど....
20140812 (42)



メモ: 拝観は電話予約、拝観料 300円

奈良一日探仏の旅: ④光林寺

法隆寺駅からタクシーで「光林寺までお願いします」と言ったら運転手さん「???」、どんな漢字?とか無線で場所聞いたりして困ってたのでGoogleMapで検索してどこどこの橋の近く、とか伝えながら目的地近くの川沿いの道でおろしてもらった。駅からは10分ちょっとだった。お寺が見えたので下りて行くと富貴寺と書いてあった。看板を見るとここにも重文仏があるようだ、けど開いてないし誰もいないので今回は諦めて目的地へ。
20140812 (29)20140812 (30)



 光林寺 
 (こうりんじ、浄土真宗) 2014/8/12

富貴寺からすぐ。1週間前から予約拝観をお願いしていた。お盆の時期なのに....
20140812 (31)
門が閉まっていたので、横のインターホンを押してみるが反応なし。取りあえず横の潜り戸からソロソロと中へ入ってみる。
20140812 (32)
こじんまりした境内、そして奥には本堂。右側にある建物のインターホンを押してみるがやはり反応なし。本堂のあたりをウロウロしていたらお寺の方が現れて中に入れて頂いた。入るなりいきなり本尊が目に飛び込んでくる。許可を得て撮影させて頂いた(....が、あまりうまく撮れてるのがなかった、残念)
20140812 (33)
阿弥陀如来(快慶作・重文)、快慶晩年の作と言われてる。前のほうへどうぞ、と言って頂き、本当に眼前で拝観することができた。顔の箔が多少落ちている気がしたが、かなり保存状態が良い。またお顔がやはり晩年作と言われている高野山光台院像と雰囲気が似通っている気がした。厨子の横扉も開いていて、前から横からいろんな角度で何度も....20分くらいは見ていただろうか。その後、お寺の方がお茶を入れて下さり、浄土真宗の阿弥陀さんはすぐお迎えに行けるよう立ってることが多い、片足を踏み出しかけているといったお話をしてくださった。本像は元からこちらのお寺にあったとの事。昔は門も本堂も開けっ放しにしていて子供たちが手を合わせに来ていた時期もあったようだが、重文指定になってからは警備が厳格になり何かあるとすぐに警備会社から連絡がくると嘆かれていた。こういうところが信仰と文化財のバランスの難しいところだなと実感。とは言え盗難にあっては困るのでこれからも警備会社の方々には気合を入れて盗難防止に頑張ってもらいたい。またいつでも来てください、と言って頂けた。機会があれば本当に何度でも訪れたいものだ。


ということで法隆寺界隈の探仏は終了。法隆寺駅まで徒歩で戻りかけたが、晴れ間がでてきて30分ほどかかりそうだったのであえなく断念。タクシー呼んでサクッと戻った。



メモ: 拝観は電話予約、拝観料は志納

快慶…三尺阿弥陀の貌(改)

前のブログで『快慶…三尺阿弥陀の貌』というのを書いた際は自分の好きな3躯を比較したのだが、今回は全部並べてみた。


快慶作と言われてる仏像は17躯、
造像年が判明している6躯は初期(安阿弥)・中期(法橋)・後期(法眼)で2躯ずつ。(Web調べ、造像年・像高はWikipediaおよび各仏像紹介記事などを参照。)
kaikei-annami
<クリックで拡大>


・顔は時代と共に以下のように変遷してるように思える
 初期は顔が四角く、目は吊り上がっている(遣迎院・知恩寺像など)
 中期は顔が少しシャープになり、洗練度が高くなった(東大寺・興善寺像など)
 後期は顔が丸く、目も優しくなった(光林寺・光台院など)

・像高でみると、三尺(90cm級)なのは興善寺像1躯のみ、他は100cm級×8躯、80cm級×8躯

・個性的なのは・・・・・
 安養寺像はワイルド顔
 遍照光院像は目力が強い

 東寿院像は肉髻の盛り上がりが低い


これだけ沢山あるのだが、今まで見たことがあるのは4躯のみ。常時拝観できるところがほぼないというのも残念なところ。下記の記事によると滋賀の圓常寺では今公開中のようだが・・・・

kiji


Twitter


アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ