週末から来週にかけて雨予報。外出する気にはなれなかったが、小雨なので思い切って出てみた。小田急線・百合ヶ丘駅から徒歩で10分程度、丘を越えて少し下ったくらいの住宅地に来ると法雲寺の門が見えてきた。幸いにも雨はやんでいて傘いらず。

法雲寺 
山号高石山
宗派曹洞宗

数日前にTwitterで阿弥陀如来の特別開帳が3日限定であるとの情報を見ての訪問。タイミング悪く、指のささくれをいじってたら出血してしまい、それが気になってあまり撮影できなかったので、ほとんど写真がない。

IMG_2378IMG_2379

10:30前くらいに現地に到着したが、係の方々は多かったが、拝観者らしき人はあまりいなかったような....取りあえず本堂内へ。

IMG_2377

中で解説シートを頂いた。

IMG_6004 (編集済み)

横長の厨子の中央には市文の阿弥陀如来。平安後期、定朝様で穏やかな面貌、肩のあたりに薄っすら金色が残った想像より存在感のある仏像。

IMG_6002

厨子の目の前でずっと眺めていたら、隣に座っていた方が色々説明してくれた。どうやら係の方だったようだ。もともとは臨済宗の寺だったが現在は曹洞宗など、上記の解説シート上部にあるような話をしてくれた。覚えてる事を羅列すると....
●元々この仏像は阿弥陀堂に安置されていたが現在本堂に移されている(かつての阿弥陀堂は写真で確認できる)
●このお寺は一時廃寺になったが、その間も地域の人たちが守っていた
●禅宗の寺だが、本尊が阿弥陀仏で、大数珠回しを恒例行事としてやっている
●脇侍は本来であれば観音・勢至菩薩だが、こちらでは向かって右側に地蔵菩薩、左側に勢至菩薩となっている
●その手前側は右側に本尊の縮小摸刻、左側に僧形文殊菩薩
●関東圏に定朝様の仏像は33軀あり、こちらはその1軀(リストを見せてもらったが、覚えているのは厚木・金剛寺くらい.....すっかり失念)

脇侍の地蔵菩薩は錫杖を斜めに持ちすまし顔、着衣の色彩が美しく、比較的新しい時代の作かもしれないが良仏。もう一方の菩薩形は勢至菩薩と言われていたが、あまり良く見てこなかった。

仏像の他、大数珠や、文化財の板碑なども展示されていて、それぞれ解説して頂ける。

IMG_2376

今年は特別公開だが、通常は2月15日、10月15日の年2回のみ公開との事。また足を運んでみたい。


香林寺   
山号南嶺山
宗派臨済宗建長寺派

法雲寺の境内から五重塔が見えた。駅と反対方向に歩いて数分のところにある香林寺にも行ってみた。

IMG_2394[1]

墓地に向かう参道には三十三観音がズラリ、本堂は閉まっていて、本尊は確認する事ができず。

IMG_2aa509[1]

先ほどの指のささくれの出血は洗い流したので、今度は気にせず撮影できた。五重塔は新しいながら、なかなか貫禄のある素晴らしい塔。こんな所にこんな立派な塔があるなんて、知る人ぞ知るだろうなと思った次第。

korinji (2)

大満足で撮影しまくっていたが、雨がポツポツ降り出してきてしまったため、ここで撤収する事に。

また、晴れた時にでも来てみよう。