仲間との一泊二日の京都旅。当然ながら同行者は寺好きというわけではなく、今回はどちらかと言えば「食」中心。いつも仏像しか目もくれない自分にとってはかなり新鮮な旅。


1日目(2017年8月27日)

快晴なり。湿度が低いこともあり日陰は涼しく過ごしやすい。


まずは大徳寺近くの蕎麦処で昼食。1時間並んで十割そばに塩をつけて食す。美味。

01-001

続いて嵐山方面に移動。化野念仏寺と愛宕念仏寺の間にある茶屋で一服。ここは味より雰囲気。

01-002

嵯峨野に下り、竹林の小径からトロッコ嵐山駅へ....列車は満車で乗れず。嵐山は相変わらず人が沢山。

01-003

続いて、京都御所方面に向かう途中で仁和寺へ立ち寄り。


仁和寺
山号大内山
宗派真言宗御室派総本山

来年初頭には仁和寺展もある事だし、以前から一度来てみたかった所でもある。堂々たるニ王門。

kyoto0827 (190)

02-001

中門には二天。各尊の前に更に2軀、どなたかはわからず。

kyoto0827 (189)

02-002

向かって左手の観音堂は改修中のよう覆いの中。

kyoto0827 (55)

向かって右手には重文の五重塔。スラリとしたスタイルのよい塔。素晴らしい!

kyoto0827 (61)

奥に進むと国宝の金堂.....
何とこちらも改修中。ちょっと残念だったが調べて行ったわけではないので致し方なし。

kyoto0827 (59)

本堂を左手に進むと御影堂。檜皮葺の屋根が美しい。抜群のプロポーション。

kyoto0827 (106)

本堂右手には経蔵。連子窓は緑色で、組物表面部は白と
なぜか部分的に着色されてる。

kyoto0827 (188)



続いて京都御所の西側にある虎屋菓寮であずきのかき氷を食す。庭に社や蔵があり涼しげ。

01-004

この後はメインの会食だが写真があまりよいものがなく画像はなし。鱧を中心とした懐石料理に舌鼓。

京都駅に戻ったが、土産店などは店じまいしており、仕方なくライトアップなどを見て回る。

02-003


満腹・満足のうちに1日目は終了。




◆2日目(2017年8月28日)

平日に京都にいるのが不思議。平日とは言えそれなりに観光客はいる。前日とは打って変わって、曇り空だが蒸し暑く不快指数が高い。まずは京都駅からJR線で二駅先の稲荷駅へ。



伏見稲荷大社

駅前にいきなり鳥居。外国人に受けがよい場所らしく、外国人比率高し。

kyoto0828 (3)

楼門。

kyoto0828 (4)

外拝殿。

kyoto0828 (40)

本殿。

kyoto0828 (41)

そして千本鳥居。人はそれなりにいたが渋滞などはなくスムーズ。市内を一望できる四ノ辻まで。後半はかなり上り坂できつかった。帰りは人気のない脇道を戻る。

kyoto0828 (18)

まぁまぁ混雑していたが、土日ほどではないだろうし、更に上に行くほど人は少なくなり、ワサワサした感じもなく心地よい時間を過ごせた。平日に来るのはやはりイイ。



続いて祇園四条に移動。お好み焼き~アイスと食べ歩き、八坂神社は門だけ見て京都駅に戻る事に。

03-001

駅に向かう途中にある仲源寺にも少しだけ。


源寺(目やみ地蔵)
山号寿福山
宗派浄土宗

境内奥の巨大な地蔵菩薩にお参り。

kyoto0828 (58)

脇のお堂にある重文の千手観音は相変わらずガラスの反射でまったく見えない。カメラを近づけて何とか部分的にお姿を拝する。穏やかな表情の平安仏、いつか全体を拝観できる日がくる事を願う。

02^--2



今回はこれにて終了。この後、駅で土産など見繕って夕刻前には新幹線の中。取りあえず内輪のエピソードは排して、行ったところや食べたものをザッと記載してみた。たまにはこんな旅もよいものだ。