(記載日:2017/6/3)

朝一で京都から大阪・天王寺に移動。京都は奈良も大阪も1時間以内で行けるので便利。

大阪市立美術館
木×仏像(きとぶつぞう) 飛鳥仏から円空へ
日本の木彫仏1000年

501

開館前の9時過ぎに到着、既に5~6人の列ができていた。立派な建物だが、大阪「市立」と聞いてしまうと日本〇〇の会とかに民営化されて展示の質が落ちやしないか余計な心配をしたくなる。学芸員を攻撃する変な大臣とかもいるご時世、博物館商売もやりにくい時代になってきたのかも。そんな中、こういった興行重視ではない(...のかはわからないが)展覧会が開催されるのは実に有意義。

<パンフレットより>
503

本来は館内の右半分のスペースにある第10展示室から進むのだが、開館直後でどの展示仏も人だかりがしていたので、一旦中央のロビーを横切り、反対側の左半分のスペースにある第5展示室から見ていく事に。

201b

まだ誰もいない展示室でゆっくり仏像と対峙、こういうのは結構好き。入るといきなり四天王と左右の持国・多聞天に囲まれる。四天王寺・四天王は左から広目天→持国天→増長天→多聞天と、持国・増長天が逆になっている。これは前日の講演でも説明のあった高野山金剛峯寺の大仏殿様四天王の持国・増長天像の名称がやはり逆になっている事と関連があるかもしれない。あちらは像の向きと視点により勘違いがあったかもしれないという説だったが、同じような事なのか。以下、気になった仏像をいくつか....

四天王 [四天王寺]:広目天の左手、手を裏に返した経巻の持ち方が特徴的。
十一面観音 [個人蔵]:円空仏(パンフに画像あり)。衣文の流麗な彫りが目を引く
蔵王権現 [大門寺]:トリオのうち、向かって右手の権現像は眼パッチリで躍動感がもの凄い!踊ってるよう
大元帥明王 [延命寺]:珍しい製作途中の仏像頭部。キリ点と呼ばれる彫位置のマークのような跡があちこちに
伝聖徳太子 [若山神社]:どう見ても神像、聖徳太子が神格化された、とも思えぬ


201a


続いて元の順路に戻り第10展示室へ。こちらは更に展示仏が多かった。入ってすぐ東博の菩薩像や、東大寺の「ヨッ」という感じの弥勒如来などの個性派仏。奥に進むと今回の目玉でもある西住寺・宝誌和尚。こちらも印象的なところをいくつか....

阿弥陀三尊 [四天王寺]@10室:中尊は螺髪がなく中央が盛り上がってるだけ。両脇侍は片足を挙げた珍しい姿
地蔵菩薩 [蓮花寺]@11室:今回一番凄いと思った仏像。険しい顔付きは近寄りがたいオーラを発している。戦時中に池に沈めて隠したという由縁のせいか顔・体に無数の荒々しい筋があり厳格さを際立たせるが、それが却って美しく感じられた
虚空蔵菩薩 [孝恩寺]@12室:ドッシリと目が座った感じが昔の上司を彷彿とさせ、眼を合わせる事ができず
阿弥陀如来 [大門寺]@13室:定朝様の秀作。台座が裳懸座である事から当初は釈迦如来で手を付け替えてる可能性ありとの事
阿弥陀如来 [専修寺]@13室:慶派の阿弥陀仏。蓮慶作かと解説にあったが、そもそも蓮慶とは何者?
地蔵菩薩 [春覚寺]@13室:快成作。前日の講演で八葉蓮華寺・阿弥陀像の光背が本像と共通であると説明があったばかり。仏師名に「快」が入っている快成なる人物の出自が大いに気になるところ

2時間ほどで退出。前日の快慶展で奈良博に7時間ほどいた事もあり少々疲労が残っていたため、これ以上は無理しない事に。もう一度確認したい仏像が意外と多いが記憶頼みにも限度がある。展覧会で図録を購入する事はほとんどなく、今回も購入しないで帰ってきてしまったが、少々後悔している。

「木」にこだわった展示、との事だったが正直なところ材質としての木の種類についてはそれぞれの特徴を掴むところまで見切れず。あくまでも時代ごとの作風や一木・寄木造りの違いなどのほうに興味が集中。それでも多くの木彫仏を十分に堪能できて満足度の高い展示だった。

502

あべのハルカスが見えた。もしかしたら夏休みあたり、西大寺展大阪巡回時に行くかもしれない。
600

京都駅に戻り、買い物をしていたら帰宅時間になってしまったのでこの日は他の場所には寄れず。近鉄線の電子公告には阿修羅。
わたしも、奈良派。...だけどね。