朝一から金沢文庫を目指して出発・・・・・が、到着したら休館日だった。

kmkr001

しかたないので、お隣の称名寺でしばしボーッとしてみる。暑い日だが、木陰は微風が心地よい。
kmkr003

仁王門ではまるで金剛力士に 「きちんと事前に調べて来い!」 と叱られているかのよう・・・・・
kmkr002


ここで帰るのも何なので、久しぶりに鎌倉に行って見る事に・・・・金沢八景駅まで移動し、バスに揺られること30分。ひと山越えていざ鎌倉!


鎌倉国宝館 企画展 「仏像入門~ミホトケをヒモトケ!」
かまくらこくほうかん入館日:2016/8/12
所在地: 神奈川県鎌倉市雪ノ下入館料:400円

何年かぶりの訪問。
kmkr004

目立つ看板だけど、人は殆どいない・・・・・鶴岡八幡宮とは同じ境内ながら対照的でここは静か

kmkr005

仏像入門は以前にも来たことがあるけど、正直なところ鎌倉仏にはあまり興味が持てない。何故だろうと考えるのだけれど、やはり奈良・京都と違って洗練さが無いような気がする。まぁ、そこが逆に鎌倉仏の魅力なのかもしれないけど、武骨な感じがするのと、顔付きも独特の雰囲気がある。

kmkr006

正直あまり期待はしていなかったが、侮ってはいけなかった。鎌倉は運慶を含む慶派も事績がある地域なので、時々ハッとするような仏像も存在する。この辺りには
明王院・不動明王、安阿弥様の三尺阿弥陀など慶派仏もいくつかある。

そして、今回は後半のエリアにあった個人蔵の三尺阿弥陀が実に素晴らしかった。衣文の截金模様が大柄でくっきり残っている。鎌倉大仏にも少し似て
面貌端正、写実性があり衣文の雰囲気も快慶風だと思うが、何かが少し違う気もする。いずれにせよ逸仏であること間違いなし。図録を求めようとしたが見当たらず・・・・残念。

それ以外に気になった仏像をいくつか挙げると・・・・
■養命寺・薬師如来: 解説に宗慶作の保寧寺・阿弥陀仏との類似性ありとの事。そう言われれば似てるかも。
■十二神将: よく見ていくと後補作は質が落ちるのがわかる。当初仏は素晴らしい。
■北條時頼: 見ると実に本物っぽく秀作。上杉重房像よりこちらの方が好み。
■神武寺・不動明王: 小像ながら写実的。

kmkr007

とにかく数は沢山あるので見応えはある。今回お気に入りの三尺阿弥陀は個人蔵なので今後拝観できる機会があるかもわからないから、もう一度くらい見に来ないと、と思った次第。


〔注〕 記載情報(宗派・山号・拝観料など)は個人調べなので間違っていてもあしからず