前回 「仏師・行快の仕事」 を記したのが昨年の12月19日。

当然ながらWikipediaで『行快』を検索して確認したのだが、その時には作品がそれほど多く記載されていなかった。様々な書籍を確認しつつ、自分なりに行快仏を特定してみたのだが、今日改めてWikipediaで『行快(仏師)』を確認してみると、あらら、沢山作品群が載ってる。更新日付が2015年12月18日 (金) 05:50 となっているから、記事をアップした前日には更新されていたようだ。まったく気付かず。


----
《Wikipediaより》
●「地蔵菩薩立像」 藤田美術館蔵 「巧匠/法眼快慶」「開眼/行快」
「十大弟子像」のうち「優波離」 大報恩寺 「法眼/快慶/□□/行快/法橋」 「阿那律」「富楼那」が仏師のクセが出やすい耳の造形が近く、特に「阿那律」は同寺にある釈迦如来坐像と横顔における耳の配置なども酷似し、行快作の可能性が高い。
「阿弥陀三尊像」のうち「観音菩薩像」 滋賀・西教寺 「巧匠/法橋行快」
「阿弥陀如来立像」 極楽寺(城陽市) 「法橋行快」
「釈迦如来坐像」 大報恩寺 「巧匠/法眼行快」
「不動明王坐像」 金剛寺(京都国立博物館寄託)「造立大仏師法眼行快 小仏子字肥後公 字丹後公」、「天福二年」の墨書銘が見つかり、天福2年(1234年)行快の作であることが判明した。本像と対となる降三世明王坐像(奈良国立博物館寄託)も、銘記は確認されていないが、行快作である可能性が高い。
「阿弥陀如来立像」 阿弥陀寺(長浜市) 「巧匠/法眼行快」
「千手観音像」(第490号) 蓮華王院 「法眼行快」
「阿弥陀如来立像」 北十萬(大阪) 「巧匠/法眼□□」

行快作の可能性が高い像
「阿弥陀如来立像」 浄信寺(滋賀県) 「□□法橋行□」
「阿弥陀如来立像」 遍照寺(三重県) 1230年代頃か
「阿弥陀如来立像」(三尊のうち) 峰定寺 1230年代頃か
----

自分が調べたものと比較してみる。(画像は前回記事からの使い回し) 
gyokai-1
gyokai-2
gyokai-3
[行]Wikipediaで行快仏とされてる
[推]Wikipediaで推定行快仏とされてる
[無]Wikipediaでは記述なし


■鉄馬童子選:行快作
[行]1.大報恩寺(京都)釈迦如来1227年頃「巧匠法眼行快」
[行]2.妙法院(京都)千手観音1249~63年「巧匠法眼行快」
[行]3.阿弥陀寺(滋賀)阿弥陀如来1235年「巧匠法眼行快」
[行]4.極楽寺(滋賀)阿弥陀如来1227年「法橋行快造之」
[行]5.北十萬(大阪)阿弥陀如来13世紀前半「巧匠法眼」
[無]6.浄土宗(京都)阿弥陀如来1212年推定 ※旧・玉桂寺(滋賀)所蔵
[推]7.遍照寺(三重)阿弥陀如来鎌倉中期推定
[行]8.金剛寺(大阪)不動明王1234年「造立大佛師法眼行快」
[推]9.同上降三世明王同上推定
[行]10.西教寺(滋賀)観音菩薩1216~27年「巧匠 法橋行快」
[無]11.同上阿弥陀如来同上推定
[無]12.同上勢至菩薩同上推定
[推]13.浄信寺(滋賀)阿弥陀如来1216~27年「□□ 法橋行」
■鉄馬童子選:行快または周辺仏師による作、快慶補佐としての作
[推]E1.峰定寺(京都)阿弥陀如来12xx年行快または周辺
[無]E2.常福寺(富山)阿弥陀如来12xx年行快または周辺
[無]E3.西岸寺(滋賀)阿弥陀如来12xx年行快周辺
[無]E4.華階寺(滋賀)阿弥陀如来12xx年行快周辺
[無]E5.青龍寺(滋賀)阿弥陀如来12xx年行快周辺
[行]E6.大報恩寺優波離1220年「法眼快慶□□行快法橋」銘(快慶補佐)
[推]E7.同上阿那律同上推定(快慶補佐)
[推]E8.同上富楼那同上推定(快慶補佐)
[行]E9.藤田美術館地蔵菩薩1208~23年「巧匠法眼快慶」「開眼行快」銘(快慶補佐)

行快銘がある仏像は
8躯 Wikipediaでは9躯
推定行快とされる仏像を加えると13躯 Wikipediaでは15躯

自分のカウントと異なるのが、大報恩寺・優波離と藤田美術館・地蔵菩薩が行快作とされているところ。
逆に西教寺・阿弥陀如来&勢至菩薩は明記されておらず、浄信寺・阿弥陀如来も推定行快作とされている。
浄土宗(旧玉桂寺)・阿弥陀如来は推定仏にも記載されていない。浄土宗のHPには「・・・
快慶の直弟子の行快作と想定される。」とあるけど。

先ほど気付いたため、あまり調べる時間がなかったのでまた今度いろいろ確認してみようと思う。