快慶・三尺阿弥陀の貌シリーズ第3弾

〔参考〕
第1弾 
快慶…三尺阿弥陀の貌
第2弾 快慶…三尺阿弥陀の貌 (改)

....といっても画像を差し替えただけ。新ネタもなく少々マンネリ気味。

前回から異なるのは、像高に基づき相対的に画像の大きさを変えてある点。また、快慶・作としていた興善寺像を外してある。何故ならば顔付きが少々他の快慶仏と異なる(画像で見た限りだが...)のと、像高がこの像だけ90cm級で他と大きさが異なる、といったところから。

annami_1


改めて画像で比較してみると、制作年代順があっているかは相当怪しいが、「貌」の変遷がわかって興味深い。

output_300

おまけでもう一つ、快慶の高弟である行快・作の三尺阿弥陀と、快慶/行快に近い仏師の作と思われる像。
華階寺像は像高情報が見つけられず、取りあえず100cm級くらいと想定してある。

annami_2



※下記の追記を参照

上記で実際に拝観したことがあるのは、快慶仏が6躯、行快仏が1躯、その他が3躯、と少ない。その殆どが予約拝観になるので、全て拝観するのはかなり難しそう。是非ともここらで大規模な快慶展を開催してほしいものだ。


(追記) わかる範囲で文化財指定を追加。Wikipediaによると、本当かどうかわからないが、興善寺像は重文ながら古文書の附属的な扱いのようだ。確かに文化財データベースの仏像一覧には興善寺像が出てこないので不思議に思っていた。
>重要文化財: 源空、証空等自筆消息 2巻(附:木造阿弥陀如来立像1躯、漆塗筒形納骨器1箇)
>「古文書」として重要文化財に指定されており、阿弥陀如来像は重要文化財の「附」(つけたり)扱いになっている。
<Wikipediaより>

(追記2) 快慶・行快系統以外の三尺阿弥陀もいくつかピックアップして追加。
*海外の美術館蔵の2躯については
台座を含めた 増高しか記載がなかったので、像・台座のおよその比率より80cm級と想定。
藤田美術館像は取りあえず100cm級くらいと想定してある。


annami_3