3連休は東北へ。仏旅ではなかったが、2日目午後から平泉に移動だったので見ないわけにはいかない。


 観自在王院跡  (かんじざいおういんあと) 2015/10/11

宿から毛越寺に向かう途中で何気に通ったところ。後で知ったのだが、ここも世界遺産の一部。今は大きな池が残るのみ。ここは毛越寺の隣で、大池が二つ並んでることになる。池で釣りしてる人がいたり、ボール遊びしてる親子がいたり.....とても自由な世界遺産。

kjz-1



 毛越寺  (もうつうじ、天台宗別格本山) 2015/10/11

行ったのは昨日。

mtj-1

ここに行く前に小腹が減ったので蕎麦屋へ行った.....のが運の尽き。

mtj-4

到着したのが15:10....時すでに遅し。気を取り直して中へ。

mtj-2

こちらが本堂。堂内には本尊・薬師如来、
堂外から遠目に拝観。15時までこればもっと近くで拝観できたんだろうけど。「雲慶」作とある。「雲慶」=「運慶」?像を見る限りたぶん運慶ではない。でも堂々とした印象。

mtj-5

浄土池の周りを一周。かつては平等院・鳳凰堂のような感じだったらしいが、さすがに池だけ見ても想像力が乏しい者には少々厳しい。写真で見た限り紅葉の際は見応えがありそう。最後に宝物館へ。

mtj-3

小仏を中心に数躯展示されていたが、正直なところあまり印象に残っていない。



 中尊寺  (ちゅうそんじ、天台宗東北大本山) 2015/10/12

朝一で宿から徒歩15分くらいで中尊寺参道入口に到着。
csj-2

月見坂と呼ばれる参道を更に20分(色々お堂に寄りながら行ったので.....)

csj-3

門を潜ると本堂。本尊・釈迦如来、金箔がまぶしい丈六仏(新しい)

讃衡蔵(さんこうぞう)と呼ばれる宝物館で拝観券を購入。その時、団体客が到着....これはまずい。急いで金色堂へ。

csj-1

正直なところ、金色堂の映像・写真はこれまでも何度も見ているし、過去には「平泉」展で金色堂の一組は拝観済みなので、それほど期待はしていなかった。甘かった.....素晴らしいの一言。遠目で仏像は小柄なのだが、ライトの効果もあってかかなり良く見える。そして、三組それぞれに個性がある。阿弥陀三尊、六地蔵、二天の11躯で一組、これが三組あり全部で33躯。これらについては別で書きたい思う。とにかく様々な浄土表現を見てきたが、三代にわたる荘厳な浄土がここにある。

csj-4

最後に讃衡蔵へ。最初にいきなり定朝様の丈六仏が3躯(薬師、阿弥陀、薬師)、これは迫力があってなかなか良い。そのほかの仏像としては、何故か42でなく32臂の千手観音と、大日如来。


この後、車で6時間かけて帰ってきたので疲労困憊。とりあえず今日のところはここまで。
 
(続き)

中尊寺からホテルまでの帰路にあったので(といってもだいぶ道をそれたが)寄ってみた。


 高館義経堂  (たかだちぎけいどう) 2015/10/12

源義経終焉の地としてお堂が建てられているらしい。堂内には義経の像があったが、ガラス越しで反射してうまく撮れず。高台にあり眺望がよい。

tdgkd

お堂の下手に展示室があり、源氏の系図などの展示があった。奥には何故か仁王像。

tdgkd2

どうやら、ここは毛越寺の管轄になっているようで、この像も毛越寺蔵。なんだか操り人形的な雰囲気。


このあと、同じく帰路にあった平泉文化センター(無料)にも立ち寄ったがあまり記憶にないし、写真もない。こうして平泉の旅は終了。前日の毛越寺は曇ってて今一つな感じだったが、中尊寺は爽やかな気候の中、ゆったり拝観できてかなり楽しめた。お土産に図録も購入、まだ全部見れてないがなかなか良さげ。(画像は中尊寺HPにリンク)

tdgkd2

そして、金色堂の中が見やすかったのは、これのおかげみたい。(画像は東芝LTのHPにリンク)

add2