昨日、親戚から招待券をゲット、早速再訪。


 サントリー美術館 
 2014/11/16
高野山開創1200年記念 高野山の名宝

kys01

3週間ぶり。

それなりに人は多かったが、少し待てば前が空いてじっくり拝観可能なレベル。

今回、初めて展示作品を全て見た! (今迄の展覧会、割と飛ばし飛ばし見てたんで....)

コンパクトな展覧会なので、40~50分で全作品拝観。

今回気になったところは.....

法具(独鈷杵・
三鈷杵・五鈷杵・五鈷鈴): 横に金剛杵の解説あり。各部の名称を覚えてから各々見ると違いがわかって面白い。
高野大師行状図絵: 弘法大師が唐に行った時のことが書いてある絵巻物。あの有名な高野山まで届いたという三鈷杵を投げるシーンあり。
御公儀上一山図(高野山絵図): 高野山の地図・寺院名が書かれている大きな絵で、拝観した寺院を探す。金剛三昧院は見つかったが、光台院と宿泊した遍照光院は見つからず。
大日如来/両界曼荼羅図: 旧西塔本尊の青髪の大日如来を拝観すると、背面の曼荼羅が重なり、まるで大日如来が飛び出してきてるような錯覚。
紺紙金字般若理趣経: 「文殊師利菩薩」とか「虚空蔵菩薩」等の文字を発見、お経の内容を知りたくなる......

両頭愛染曼荼羅図: 愛染明王と不動明王が合体!これは凄い
竜王吼菩薩: 孔雀明王の背面の大図、蔵王権現のような....こちらも五大力菩薩というキャラが気になる.....

......等々、仏像以外も十分楽しめた。


さて、仏像のほうは今回注目したのは以下のようなところ。

不動明王(鎌倉時代): 玉眼だけでなく、歯にも水晶を使用.....効果があったかどうか.....
多聞天(快慶): 広目天に次いで2番手くらいにレベルが高いということを改めて認識
孔雀明王
(快慶): 3Fに下る階段を3~4段上がったところから見ると、キリッとした目付きに見える
制多伽童子(運慶): 前回は今一つピンと来なかったが、精悍な眼差しにやられた.....流石に今回の主役!
清浄比丘’(運慶): これ運慶作かなぁ、と今まで思ってたのだが、頬の張り具合や下唇を噛んでる微妙な表情は間近で見ると独特で個性ある像だと改めて感じた (ただ、たぶん運慶仏の中では人気ないよね)
阿耨達童子: 乗ってる龍に羽があった (それだけか....)


もう1度くらい来たいけど、チャンスがあるや否や......




これで帰るのもどうかと思い、久々に増上寺に行ってみた。(あまり意味はなかったが、六本木から近いという理由だけで....)



 増上寺 
 (ぞうじょうじ、浄土宗) 2014/11/16

大門 → 三解脱門 → 大殿

zjj1

2009年以来、久々の訪寺。

大殿で何かやっていて、雅楽っぽい音が聞こえた。

外から窓越しに阿弥陀如来が見えた。

右隣の安国殿によって帰ろうと思ったら、「将軍墓所特別公開」の文字が見えた。

折角なので寄ってみた(拝観500円)。

zzj2

門脇の入口から入ると.....

宝塔が立ち並んでいる。

意外に狭い。

zjj4

歴代六将軍が眠る.....あとの方々は日光・輪王寺と上野・寛永寺におわす。

狭い場所だなぁ......と思ってたのだが、中央の説明パネルに戦前の霊廟の様子が展示されていて、それを見てビックリ。

zzj5

入場する際に記念品としてもらったポストカードも戦前の霊廟のものだった。

モノクロでも厳かであり、絢爛豪華でもあり、といったことが感じられる。

寛永寺霊廟もそうだが、これらが戦争で焼失してしまったのが本当に残念。

今ではこじんまりとした霊廟にかつての姿を重ね往時を偲ぶ。

zjj3
かつての霊廟は、現在の増上寺境内の南北にあったようだ。相当な広さだったみたい。

増上寺自体、大門から三解脱門までもそれなりに距離があったし巨大寺院だったんだなぁ、と改めて感じた次第。