唐招提寺から線路を渡ってすぐ。前日に電話で拝観をお願いしたのだが、お盆中ということで、かなり迷われていたようだったが最終的にはOKして頂いた。


 西方院 
 (さいほういん、律宗) 2014/8/12

約束の14:00、門に寺名などがなく半信半疑で中に入ってみた。中に入り、建物の玄関から声をかけてみるとお寺の方が出てこられて案内してくださった。まずは忙しい時期の訪問となったことをお詫びしたが、大丈夫ですよと言って頂けた。
20140812 (41)
西方院は唐招提寺の奥の院で、元々は同じ寺領にあったらしいが、近鉄開通により分断され線路向こうの別院になった経緯があるようだ。中門を潜り境内へ。
20140812 (40)
中は樹木で鬱蒼とした感じ。後について行くと収蔵庫が見えてきた。
20140812 (39)
立て看板にあるように中には阿弥陀如来(快慶作・重文)。本日快慶の阿弥陀仏は3躯目。 (画像はパンフレットより)
20140812 (3)
顔の部分以外は金箔がよく残っていた。顔は煤で黒ずんでるわけではなく箔が剥がれているとの事。この像は何度か盗難にあっていて、土に埋められた状態で発見されたりしているらしい。そういう事もあり凹凸のある顔の部分の箔が落ちたのではないかと話されていた。通常は非公開なのか尋ねたところ、特別公開などは実施しておらず、希望があれば開けているそうだ。時間にして10分ほどだったが、十分に堪能できたと思う。機会があればまた訪ねたい。


唐招提寺を横目に見て、次に向かう。時間があれば寄りたかったんだけど....
20140812 (42)



メモ: 拝観は電話予約、拝観料 300円