前のブログで『快慶…三尺阿弥陀の貌』というのを書いた際は自分の好きな3躯を比較したのだが、今回は全部並べてみた。


快慶作と言われてる仏像は17躯、
造像年が判明している6躯は初期(安阿弥)・中期(法橋)・後期(法眼)で2躯ずつ。(Web調べ、造像年・像高はWikipediaおよび各仏像紹介記事などを参照。)
kaikei-annami
<クリックで拡大>


・顔は時代と共に以下のように変遷してるように思える
 初期は顔が四角く、目は吊り上がっている(遣迎院・知恩寺像など)
 中期は顔が少しシャープになり、洗練度が高くなった(東大寺・興善寺像など)
 後期は顔が丸く、目も優しくなった(光林寺・光台院など)

・像高でみると、三尺(90cm級)なのは興善寺像1躯のみ、他は100cm級×8躯、80cm級×8躯

・個性的なのは・・・・・
 安養寺像はワイルド顔
 遍照光院像は目力が強い

 東寿院像は肉髻の盛り上がりが低い


これだけ沢山あるのだが、今まで見たことがあるのは4躯のみ。常時拝観できるところがほぼないというのも残念なところ。下記の記事によると滋賀の圓常寺では今公開中のようだが・・・・

kiji