探仏記Ⅲ ~気まぐれ仏像探訪~

気が向いたら出かけてみようか・・・

ふたたびの『快慶』展

(記載日:2017/6/6)(改題:2017/6/8)

快慶展からもう1週間以上......6月4日にはついに閉幕。あれこれ書いてみるもなかなか内容がまとまらない。印象は強く残っているのだが、細かい記憶が取り出せない。とりあえず画像と配置図だけアップしておこう。

当日の13:30に講堂で聴講した公開講座「快慶作品に関する二、三の問題」についてもまた別に記したい。


奈良国立博物館

二度目の快慶展。そしてこれが最後の快慶展。

402

各尊とできるだけ沢山向き合おうと思いながら中へ....

401

展示終了している孔雀明王を加えると全36軀の快慶仏が一堂に....まさに奇跡!


101

行ったり来たり、近くで目を凝らしたり遠くで眺めたり、じっくり3時間、心置きなく拝観 .... いやいや、本当はまだその場を離れたくなく、閉館のアナウンスに後ろ髪引かれながら退館したのだった。こんな気持ちになるのはもちろん初めて。


入場者数が10万人超えとはなったものの、これだけの展示内容にしては少なかった気がする。それが春という季節だったからか、場所が奈良だったからか、快慶のネームバリューが思ったほどなかったからなのかはわからない。しかし、関係者の皆様には申し訳ないが、それでよかったのだと思う。快慶仏を愛する人々が、快慶仏とじっくり向かい合える空間がうまれたのだ。これ以上、贅沢な展覧会はかつてなく、これからもきっとないだろう。そんな貴重な場所に二度も来れたことを素直に喜びたい。

403

これほど心に残る展覧会はかつてなかった。 この空前絶後の快慶展を実現して頂いた関係者の皆様方には感謝の言葉しかない。 各尊がそれぞれの場所に無事にお戻りになられますように....

璉珹寺~元興寺~なら仏像館

(記載日:2017/6/2)

10:00過ぎ、1ヶ月ぶりの奈良に到着。ここからバスで15分ほど移動。

000


璉珹寺
山号常光山
宗派浄土真宗遣迎院派

秘仏開帳。ここは実に7年ぶり、正直前回の訪問時の事はほとんど覚えていない。

002

こじんまりとした境内、何となく記憶にあり。

003

本堂に入ると、中央厨子に鎌倉期の裸形阿弥陀如来、髪は清凉寺式釈迦如来のようで縄状に渦巻いている。向かって右側に平安期の観音菩薩、こちらのほうが古い事から元々の本尊は別にあったものと考えられるようだ。反対側の勢至菩薩は観音菩薩と同等の作風ながら室町期で後の時代に作風を模して造られたもの。本尊も脇侍2軀も重文指定。

<璉珹寺のパンフレットより>
054

ちなみに本尊の袴は50年に一度、履き替えるようで、前回のものは本堂裏手に展示されている。眺めていたら、年配の女性の方が色々説明してくださった。袴には青龍・朱雀・白虎・玄武の四神がちりばめられて模様を成している。良く見ると非常に上品でセンスが良い。履き替える際にはまったく同じ仕様で作られるそう。隣においてあった幸福の鐘を鳴らして合掌したら、「鳴りやむまで...」と言われて暫し余韻に聞き入る。これで幸せになれる、筈。居心地の良いお寺であった。もう少しまったりしたいところだったが、次へと向かう。


元興寺
山号-
宗派真言律宗

徒歩で北進していると元興寺の脇を通ったので、久々に寄ってみる事に。

050

何度か来ているはずだが、本堂は智光曼荼羅以外何があるのか記憶になく。あがってみると、中央の曼陀羅に向かって右手に智光、左手に頼光のお像、裏手には十王、背面の壁沿いには真言律宗開祖の叡尊(西大寺像の摸刻)、客仏の地蔵菩薩薬師十二神将など。

051

続いて法輪館(収蔵庫)へ。

053

入って左手の壁際、中央には平安期の阿弥陀如来。

<元興寺のパンフレットより>
060

7年前に来た時から多少配置が変わっていた。3軀ほどが東京で開催中の「西大寺」展に出張中。阿弥陀仏の左手の薬師如来は慶派の作で顔付きが凛々しくてなかなかの秀作。以前は2Fに如意輪観音が1軀ポツンと佇んでいたが、今はすべて1Fのエリアに移っているようだった。

001




奈良国立博物館

更に北進して12時少し前に本日の目的地、奈良博へ到着。公開講座を聴講しようと思って、12時からの配布の整理券をもらいに来たが既に長蛇の列。定員が200名弱だったので、あと10分ほど遅れていたら危なかったかも。

301

13:30開始の講座まで時間があったので、博物館の地下でランチ。途中、物凄い数の学生が入ってきてビックリ。土日でも修学旅行に来てるのか.....何せ博物館は確か高校生まで無料だったような....こんな大勢と一緒になったらまずいと思い早々に食べて出てきた。

【なら仏像館】

302

まだ少し時間があったので仏像館へ。学生もパラパラいてやや混雑していたが、特に支障はなく。先月来た時とラインナップは同じだった。

5-001

この後の講演の内容についてはまた別で書く予定。とりあえず一旦ここまでで区切る。

運慶・大日如来はどんな顔 (2)

快慶展で三尺阿弥陀を拝観した際に、面部の金泥が剥落している像に関しては、快慶仏「らしさ」を感じられずにいた。元画像と睨めっこしても、想像力が乏しく頭の中でイメージできなかったため、画像処理を施して往時の様子を想像してみることに。

まずはこちら。運慶の大日如来と同じように模様のような剥落、これが像の個性のひとつとなっており、元の顔のイメージがしにくい。画像処理ツールで顔をベタ塗りしてみたが、表情や陰影などが失われてしまうため、金色が残っている部分の色を参考を使って剥落部分に重ねていった。また、眼部が暗く表情が捉えづらかったので白眼の部分をベタ塗りしてみた。剥落直前の状態、のような雰囲気にはなった。

hachiyou

これで見る限りは快慶らしさは何となく感じる事ができる。初期像のように眼が少々吊り上がってキリッとしているように感じる。

もう1軀、全体が剥落している像についても同様にトライしてみたのだが、あまりうまく仕上がらなかったので、こちらは顔全体をベタ塗りしてみたところ、まぁまぁ雰囲気がでてきた。イラストみたいになってしまったけど。左眼の眼玉の位置が画像が暗くてよくわからず、かなり想像で描いている。

saihoin

こちらも快慶らしさは感じる事ができる。先ほどとは異なり眼が少々優しげになっている。快慶仏後期の特色。

ポイントは「眼」。この眼力が快慶仏の個性のひとつになってると思うので、その部分をハッキリさせると顔全体のイメージがつきやすくなったような気がする。画像処理の巧い人がやったらもっとリアルに往時の姿を再現できると思うが、あまりテクがない者がやるとこのあたりが限界。


さて、お題目の「運慶の大日如来」だが、こちらの記事は以前にアップしているので今回は第2弾。

http://tetsuumadouji-2.blog.jp/archives/2053576.html

前回は金箔部分を地肌色に寄せてみたのだが、今回は逆に地肌部分を金箔に寄せてみた。金色の残った部分の色を剥落部分にのせていく、
上の一つ目の画像と同じ方式で画像処理。やはり剥落直前のような雰囲気になった。しかし、前回の画像の出来はひどい....画像処理の腕は多少は向上してるかも....剥落バージョンと、文化庁所蔵の摸刻像も追加して対比。

enjoji_

思っていたものとだいぶイメージが違った! 像容からして少々か細い印象があったが、頬も張っていてかなり量感があり、いかにも運慶仏という感じがする。今秋の運慶展には大日如来もお出ましになるので、この量感ある往時の姿を踏まえて、じっくりと対峙してみたい。


※あくまでも個人で画像を編集したものであり、何ら考証したわけでもなく、個人の想像・創作がふんだんに入っているので注意。(画像転用・転載はご容赦を)

Twitter


アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ