探仏記Ⅲ ~気まぐれ仏像探訪~

気が向いたら出かけてみようか・・・

『興福寺仏頭』展@東京芸大美術館

《過去記事/Twitterより転載/一部加筆》

東京芸大美術館

『興福寺仏頭』


BTm8O2oCMAAkOPy
前半地下2階と後半3階の2スペースで、
弥勒・板彫十二神将 / 仏頭・十二神将・深大寺釈迦如来の展示

仏像の数は少なかったが充実のラインナップ。
二組の十二神将を比べるもよし、
二体の白鳳仏を堪能するもよし、
仏頭の復元CGを見るもよし、
仏像を360度眺めるもよし
BTpK4quCUAA2nlw

東金堂の十二神将、鎧のデザインを見比べてみると面白い。
招杜羅のブーツ(?)の模様は凝ってるが毘羯羅はシンプル、など。
伐折羅だけはサンダル履き、前傾姿勢で素足に血管が浮き出て
足指踏ん張ってる感じがもの凄い!
 

B2階、最初に登場するのは興福寺国宝館の弥勒菩薩。
国宝館では有名仏に囲まれ出口付近でひっそりしているイメージがあるが、
今回は堂々と先陣を切ってインパクトがある。とにかく衣や装身具が沢山
とても複雑に絡み合い素晴らしい!じっくり見ると違った表情が見えてくる!
 

仏頭と十二神将は通常後ろからは見れないので、360度見れる本展は
良い機会。仏頭の後頭部は穴が開き、正面右側の耳のあたりから内側に
めり込んでいるのがよくわかる。仏頭後方のスクリーンでCG映像が流れ
解説が聞ける。


図録は良い内容だったが2500円はちと高い... 

この後仕事があり拝観時間はわずか20分。仏頭展の後、東博で
特集陳列「運慶・快慶周辺とその後の彫刻」も堪能しようと思っていたのだが.....
本館11室では今日まで曹源寺の十二神将が展示されてて、興福寺の
十二神将と見比べる楽しみもあったが、まことに残念。
 

伊豆縦断探仏の旅

《過去記事/Twitterより転載/一部加筆》

0812_ (20)かんなみ仏の里美術館
実慶の阿弥陀三尊が素晴らしい

平安期の薬師如来は間近でみれてど迫力
十二神将は3体修復中だったが、
鎌倉期の伐折羅が良かった
また是非来たい!
0812_knm



0812_ (1)北條寺
直前で拝観を申し入れたが快く受けて頂いた。
遊戯坐の観世音菩薩は優雅
慶派と思われる阿弥陀如来も良仏
北条義時夫婦の墓は小高いところ、日陰が涼しい。
本堂は開けたばかりで暑かったが拝観できて良かった
0812_hjj



0812_ (4)願成就院
国宝に『昇格』した運慶作成の5体
阿弥陀如来の量感、衣紋の表現、
北条寺像も実慶像も霞んでしまう
静謐な毘沙門天、怒りを封じ込めた不動明王
二童子のコントラスト....ずっと見ていたい 
裏手宝物館の地蔵菩薩も慶派の良作だが
衣紋表現は慶派らしくない
雰囲気は瑞林寺の康慶作地蔵菩薩に似ている

0812_gjji


修禅寺......道を間違えて通り過ぎてしまった
そして渋滞にハマる(泣)

0812_ (5)上原仏教美術館
昭和の仏像が殆どだが、古仏も5、6体
その中でも平安の十一面観世音は小さいながら
頭上面も細かく彫られており秀逸

快慶様の三尺阿弥陀は剥落が激しいが
バランスがよく素晴らしい

この2体を見るだけでも価値あり

0812_uhbb



本日の探仏は終了。他にも天神神社・長谷寺・稲田寺・寝姿山愛染明王堂
あたりに行きたかったが都合により見送り。次回は是非!
0812_etc

GoogleMapで静岡の仏像スポットをいくつかピックアップしてみた。
goo.gl/86jjMR

今回の伊豆探仏の旅・・・・伊豆を縦断するコース、
拝観時間を除くと移動は車で2時間程度。

 
Twitter


アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ